まんがく屋で買取査定額が高額になる着物・小物とは

着物の買取査定をしてくれるお店や業者はたくさんありますが

一口に着物の査定といっても、業者ごとに特徴があって

査定を得意としている着物も、全く違います。

例えばA社では値段がつかなかった着物でも、B社に査定したら3000円になった・・なんてことはたくさんあります。

そこで、今回はまんがく屋さんが査定を得意としている(比較的高額で査定してくれる着物)を

以前査定してもらった際に聞いた話や、思った事をご紹介したいと思います。

まんがく屋で高額査定になりやすいもの1・10年以内に作られた着物

まんがく屋の着物買取査定の仕方は、少し独特で

まんがく屋独自の査定方法があって

特に査定した商品をカメラなどに収めたり、事務方に連絡を取る事もなく

その場で査定員さんが買取価格を出してくれる・・というスタンスです。

査定員さんはその時

「買取してからすぐに、自社で販売をするので着物を長期間在庫に残しておくことはない」

「売りに出して、すぐに売れる着物で無いとウチでは買い取れない」

「そういうわけで、大体仕立てられてから10年以内の比較的新しいものに関しては他社よりも高く買い取る」

とおっしゃっていました。

しかし、例外もあって、古い着物でも人間国宝と呼ばれている作家さんが制作したような着物ですとか、

今着ても通用するようなデザインの着物に関しては高く買い取ると言っていました。

まんがく屋で高額査定になりやすいもの2・訪問着

訪問着も、他社さんに比べたら、少し高めに査定してくれます。

但し・・仕立てられてから、10年以内のものに限って・・ですが。

5年以内のものに関しては、どこよりも高額査定するとはおっしゃっていましたが

私が持っていた着物は、仕立てられてから10年近く経っていたのでそこまで高額にはなりませんでしたが

ノーブランドの訪問着で少ししみがあったにも関わらず

訪問着は5000円の買取価格が付きました!

某有名買取業者では3000円だったのに・・orz。複数社に見てもらうのやっぱり大事だなって思いました。

まんがく屋で高額査定になりやすいもの3・袋帯

袋帯も、比較的買取に力を入れていて高額査定になりやすいです。

龍村美術などの有名な工房の作品や、人間国宝の作品は特に高く買い取るとのことでした。

私が持っていた帯は・・またまたノーブランドの袋帯だったのですが

あまり使用していなかったのと、色目がグリーンで割と地味めで使いまわしがきくという点が評価され、

これも5000円の査定額がつきました。

>>着物買取のまんがく屋キャンペーンサイトをみてみる

まんがく屋で高額査定になりやすいもの番外編・和装小物

特に、これは高額になる!というわけではないのですが

他社で値段がつかなかった帯締め・帯揚げなども、新品未使用品であれば

あまり高額査定にはなりませんが、買取価格をつけてくれます。

新品未使用のものに関しては、少額ではありますが値段をつけてくれました。

この箱付きの帯締め・・一応1000円の値段がつきました。

まとめ

まんがく屋さんでは、

●作られてから10年以内の比較的新しめの訪問着、袋帯

●有名作家や人間国宝の作品(こちらは古くても可)

に関しては

他の業者さんよりも比較的高い値段をつけてくれる傾向があります。

あと、今回は記述しませんでしたが、

金や珊瑚のついている帯留めなどは高額査定してくれるとのことです。

他社さんだと、帯留めだけで●●円~という風な査定方法なのですが

まんがく屋の査定方法では、金と、そこについている石(珊瑚など)を別々に鑑定して

買取価格を決めていくので、他社さんよりも高く買い取れる自信があるとおっしゃっていました。

もし、上記に当てはまる着物や小物を持っている場合は

まんがく屋さんに査定を依頼してみるといいですよ。

きっと他社さんよりも高く買い取ってくれること間違いなしですから。

>>着物買取のまんがく屋キャンペーンサイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です